【コレイチ世界史!】ウィーン体制の成立

 

こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

ウィーン体制の成立

ナポレオンがいなくなった後のヨーロッパがどうなっていったのか?

この流れについてお伝えさせていただきます。

【講義資料】

マインドマップ(PDF)

 

【まずナポレオンが登場してヨーロッパは?】

ウィーン会議を開くにあたって、

ナポレオンが登場してヨーロッパがどうなったかというと

 

・ライン同盟により、神聖ローマ帝国の崩壊。

・ウェストファリア王国の誕生

・ナポリ王国を兄のジョゼフに統治

・オランダを弟のルイに統治

などこれまでのヨーロッパのあり方を大きく変えたのです。

【ウィーン会議の議長は】

この人。

 

メッテルニヒです。

基本は2国間交渉のもと、ヨーロッパの国々がどこをどう獲るのか?

ここを話し合ったのです。

ただ基本は

会議は踊るされど進まず状態だったのです。

【ウィーン体制の敵は自由主義とナショナリズム】

ウィーン体制を強化する目的は、

自由主義とナショナリズムの流れを大きくさせないことです。

何故なら、

メッテルニヒのオーストリアのような複合国家において

自由主義とナショナリズムの発想は国家崩壊の第1原因になりかねないからです。

【このウィーン体制の細かな流れについては】

こちら

こちらの動画でどうぞ^^

 

【おススメ教材はこちら】

青木の世界史(実況中継)③

詳説世界史ノート