【コレイチ世界史!】ドイツの統一(19世紀ドイツ)

 

こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

ドイツの統一(19世紀ドイツ)

をお伝えします。

【講義資料】

マインドマップ(PDF)

【経済的統一からスタート】

まずはプロイセンだけの関税同盟

その次に

プロイセンに近い領邦と関税同盟

最後に

オーストリアを除くドイツ中で

ドイツ関税同盟を結成することから始まりました。

【フランクフルト国民議会の結果、、、】

二月革命、三月革命後に開かれたフランクフルト国民議会。

ここでは小ドイツなのか大ドイツなのかで意見が割れ

結果として

小ドイツ(オーストリアを除く派)が勝ちます。

二月革命以降の流れで

自由主義派が勢いを増していったのですが

プロイセンの中心となる存在そして

プロイセン国王の存在が必要となった。

プロイセン国王としては

自由主義の彼らと肩を並べたくないという考えがあり、

自由主義派勢いを落とし、軍隊また官僚であった

ユンカーが力をつけていきます。

そして

このユンカーとしてビスマルクが登場するのです。

【今回の細かな流れは】

こちら

こちらの動画でどうぞ^^

 

【おススメ教材はこちら】

青木の世界史(実況中継)③

詳説世界史ノート