【コレイチ世界史!】第1次世界大戦(勃発までの話)

こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

 

【コレイチ世界史!】第1次世界大戦(勃発までの話)

をお伝えします。

【講義資料】

 

マインドマップ(PDF)

 

【第1次世界大戦勃発までのヨーロッパ】

ビスマルクによるビスマルク外交により

まずはフランスを孤立化させるため

ドイツ・ロシア・オーストリアで三帝同盟

ドイツ・イタリア・オーストリアで三国同盟を結んでいました。

しかし、

ヴィルヘルム2世の登場により全てが変わります。

ビスマルクの慎重な外交姿勢とは逆に

どんどん積極的に海外へと進出したい

ヴィルヘルム2世。

・ビスマルクが手がけたロシアとの最保障条約の延長拒否。

→これによりロシアとフランスが手を結び(露仏同盟)、ドイツは挟み撃ちの状態に。

・海軍の軍備増強そして3B政策により、黙っていたイギリスが動き出す。

【この流れが】

バルカン半島のサライエヴォで事件を引き起こし

第1次世界大戦へとなったのです。

【今回のお話の詳しい流れは】

こちら

こちらの動画でどうぞ^^

 

【おススメ教材はこちら】

青木の世界史(実況中継)④

詳説世界史ノート