【コレイチ世界史!】19世紀イギリスの自由主義改革

こんにちは。

あまちゃん先生です。

今回は

19世紀イギリスの自由主義改革

をお伝えします。

 

【講義資料】

マインドマップ(PDF)

【全ては産業資本家の反抗】

選挙法改正

東インド会社の貿易独占権廃止

奴隷制度の廃止

など

19世紀イギリスの自由主義改革の根本的理由は

産業資本家の反抗にあります。

【例えば】

選挙法改正した理由は

当時のイギリス議会を牛耳っていた

地主層を追い出すため。

東インド会社貿易独占権を廃止に向かったのは

米英戦争後、アメリカ南部からの綿花を輸入できなくなり

インドに置き換えたときに東インド会社の抵抗が邪魔だったから。

奴隷制度廃止に向かったのは

当時ブラジル産の砂糖が安価で大量に入ってきたとき、

その砂糖に関税をかけて、自分たちの儲けをキープしようとした

プランターに対して反抗したかったから。

など

全て産業資本家の反抗から成り立ちます。

【今回の細かな流れは】

こちら

こちらの動画でどうぞ^^

 

【おススメ教材はこちら】

青木の世界史(実況中継)③

詳説世界史ノート