大学受験勉強に英検が便利!(英検合格で一般入試科目から英語が免除される大学あり)

大学受験勉強に英検が便利!(英検合格で一般入試科目から英語が免除される大学あり)

大学入学共通テストをめぐり、英語の民間試験を導入するのかしないのかの議論が続いています。

その中で

大学によっては英語の民間試験の中で英検を受験科目英語の合格基準として採用しているところがあります。

【英検合格で受験科目から英語が免除の大学が増加】

英検(最低準2級)合格より、大学一般入試科目の中から英語を免除する大学が増えています。

※英検3級合格の場合は、AOや公募推薦など一般入試以外での受験で使えるところが多いです。

※英検準2級合格からは一般入試で通用する大学が増えてきます。

(例えば)専修大学ですと英検2級の資格を持っていれば、80点を一般入試で獲得したものとみなされます。

あまちゃん先生

これまでは受験者情報を書き込む際の資格欄に記入することしか効果のなかった英検ですが、ここ最近では大学合格に大きな効果を発揮しています。大学入試で有効に使うために英検準2級以上合格をオススメします。

【英検合格で受験科目から英語が免除される大学】

(英検準2級をクリアすれば)

【国立】

・宇都宮大学(栃木)

・埼玉大学 (埼玉)

・東京海洋大学 (東京都)

・静岡大学 (静岡)

・名古屋工業大学 (愛知)

・三重大学 (三重)

・九州工業大学 (福岡)

【公立】

・青森公立大学 (青森)

・愛知県立大学 (愛知)

・宮崎公立大学 (宮崎)

【私立】

(関東・関西・九州に限定しています。)

(関東:東京以外)

・獨協大学(埼玉)

・文教大学(埼玉)

・東京情報大学 (千葉)

・神奈川大学 (神奈川)

(関東:東京)

・駒澤大学 (東京)

・専修大学 (東京)

・多摩美術大学 (東京)

・帝京大学 (東京)

・東京理科大学 (東京)

・日本大学 (東京)

・法政大学 (東京)

・明治大学 (東京)

(関西)

・京都外国語大学 (京都)

・京都産業大学 (京都)

・龍谷大学 (京都)

(九州)

・九州産業大学 (福岡)

・西南学院大学 (福岡)

など

これらの大学での受験においての英語において特典があります。

 

check!

※)中には準2級合格でも英検CSEスコアがある点数以上ないとクリア条件にならないところがあります。

最新2021年一般選抜における英検を含めた外部検定利用状況の詳細につきましては

こちら(ひと目でわかる2021年一般入試外部検定利用一覧[パスナビ])からご確認ください。

 

【※要注意】大学によって英検の免除条件が違います。

大学によっては

英検準2級合格など○級合格を条件とするところもあれば、

CSE2.0( Common Scale for English )という英検受験で獲得するスコアで、ある一定以上の点数を取ることを条件とするところもあります。

 

あまちゃん先生

受ける大学の英検での英語免除条件をそれぞれの大学のHPに行くか、

〇〇大学(受ける大学) 英検活用 と検索して確かめましょう。

 

 

ちなみに

先ほどご紹介した専修大学ですと

 

(2級またはCSE2.0が1980点以上で)

80点換算

 

(準1級以上またはCSE2.0が2304点以上で)

100点換算

となります。

1 day S-CBT】毎週土日に受験できるのでチャンス大!

1 day S-CBTがなかった頃は年に3回しか受験できなかったため、毎週土日に英検受験ができる1 day S-CBTは、英検合格に向けてのチャンスを掴むのに効果大です。

 

Check!

※)会場によっては受けられる受験級が異なるため事前のチェックが必要です。

※)大学入試願書の提出が1月上旬にあるため、11月受験がラストがギリギリかと思います。

(結果が出るのが1ヶ月後であり、12月だと願書提出期限にギリギリアウトになる可能性があるため。)

 

【まとめ】

大学受験シーズンを迎えるにあたり、実力を確かめるために駿台・河合などの模試を受けるのも良いですが、

入試本番での安心を勝ち取るためにも、英検受験そして英検合格は強くオススメします!