No.942

回数を重ねるごとに、慣れ・工夫により、勉強をこなすスピードそして質を上げているのを感じます。

どうやれば今やっていることが今より少し早く終えることが出来るだろうか?」

どうやればその速さで質の高いものを成し遂げることが出来るだろうか?」

これを慣れながら、工夫していく姿勢は、受験勉強を通して身につけられる一生涯の宝物の1つです。

仕事が出来る人は学歴以上に、この2つのことに対して素直なだけです。

今身につけていることは、大切に磨いて、一生涯の宝物にしましょう!

本日のサポート終わり。

イチロー選手の引退を知る。

僕が小学生の頃から敬愛しているヒーローの引退。

いつかこの日が来ることを受け止めつつも、ヒーローの引退にはただ呆然とすることしか出来ません。

個性的に生きるとは、没個性として生きるということである。

イチロー選手の生き方から学んだものです。

 

ヒーローとして今日という日まで闘ってくれたイチロー選手に感謝です。

そして昨年末の紅白もですし、イチロー選手の引退から平成の終わりを感じます。

《塾長今日のひと言》

自己分析(50/100)

本日のお題。

右も左も分からないなかベンチャーの世界に行き、時には外資出身のスター集団に囲まれながら仕事をし、良し悪し色々経験した20代。

色々やったからこそ、自分にとって教育の世界は外せないものだと知りました。

何かをやり始めた時、傷つかないことはない。

かと言って無理に傷つく必要はない。

教育の世界でロックンロールを誓った20代でした。

明日は30代ですが、ここからは自分の内に言葉を秘めて闘いたいので、公表は控えます。

悪しからず。