No.1082

台風のため、2日休んでのマナビバ。

部活動の試合でのお休み以外、木曜日の生徒皆教室に来、いつもと変わらずのコツコツをサポート。

“出来た!”と思っても、正解があまりなくショックが隠せない生徒あり。

解いている痕跡を辿れば惜しいところまで行っているのは確認出来ている。

壁を越える前兆です。

とは言え、力を抜くとダメですから、この調子で挑んで次なる成長に向けての目の前の壁を突破しましょう。

時間制限を厳しめに設定しながら、問題実践に取り組んでいる生徒は、小まめに時間配分を設定した上での実践へ。

この調子であと数分の短縮をクリアしましょう。

あとも少し!

明日も生徒一人ひとりの状況に合わせてサポート^ ^

【塾長今日のひと言】

天野 貴文

言葉、言葉の合間に伝わる小松美羽さんの悶々とする言霊たち。

こう言うのは、おこがましいですが、自身の言葉に忠実に生きて、進化を止めない言動には友を得た喜びをこの本に抱いています。

自分らしく生きるとは、実は自分らしくではなく。

そのための圧倒的努力。

読み終えての思考の余韻が抜けきれない。