小論文得点UPのコツ

こんにちは。
マナビバ福岡塾長 天野貴文です。

今回は大学受験 小論文の得点UPのコツについてお伝えします。

 

 

①小論文とは!?(作文との違い)

小論文とは、自分の考えを論理的に書き伝えることです。作文とは自分の意見や感想などを自由に書くことです。

小論文は与えらえたお題に対して筋道立てて論じなくてはいけません。

自分の意見をただ書けば良いというものではありません。

なので小論文と作文は全く違います。また国語の現代文が出来るからといって小論文が出来るわけではないものです。

天野貴文

小論文の得点力を上げるには小論文の勉強をしなければいけません。何も勉強しないままでいると0点を獲る可能性が高いものです。

 

②小論文の勉強の仕方

まずは小論文について教えてくれる本を読みましょう。

こちらの2冊の本はオススメです!

天野貴文

小論文の講師として大人気の樋口裕一先生の小論文本の中でも小論文の超基礎が学べる1冊です。

小論文を0から学びたくそして小論文でよく問われているお題も学びたい方におススメです。

 

天野貴文

元NHKアナウンサー 今道琢也先生による1冊。大学入試だけでなく公務員試験・教員試験など幅広いジャンルに対応している1冊です。

小論文についてじっくりと解説してくれると共に小論文の頻出テーマを図やグラフと共に学べる1冊です。

小論文ルールを細かくそして頻出テーマも同時に学びたい方におススメです!

 

本を読みながら小論文のルールを知りましょう。

先ずは本に記載されている模範回答を写して、小論文の型(書き方)を学びましょう。

天野貴文

オリジナルの答案を完成するまでにはまずは模範を写すことが大事です。

力を伸ばすコツの一つは良いものをTTP(徹底してパクること)です。

 

小論文によく出題されるお題(テーマ)について知りましょう。

例えば環境問題としてどんな話題があるだろうか?

グローバル化としてどんな話題があるだろうか?などを学びましょう。

天野貴文

テーマを覚えるときは、繰り返し解いて、それぞれのお題に対して確かな暗記にしましょう。
暗記力を上げるコツ。

 

③背景力を鍛えて高得点を狙おう!

難関大学受験合格に欠かせないのが背景力です。

天野貴文

背景力がなければ日本語として読めても、その書かれている内容が全く分からないという事態に陥ります。

背景力は現代文や英語、社会などの暗記科目からも学べます。

 

天野貴文

ちなみにですが、英語力を上げつつ、背景力も上げたい方にはこちらの『話題別英単語リンガメタリカ』(Z会)はおススメです。

英文も難しいので、これがスイスイと読めるように繰り返し読み返せば、センター英語で余裕で時間が余っての高得点を狙えます!

 

④特性別小論文勉強法

自分の特性に合う小論文の勉強法が1番です。

 

じっくりタイプ
まず基本の型を通して、書けるようしましょう。何故このような書き方にするのかが理解できるようになったら自分流を加えても可能です。

 

 

 

ざっくりタイプ
模範解答をある程度読んだら、その中でも気になるものを書いてみましょう。読むものを多くとり、書くものを少なめにして小論文を学ぶリズムを良くしましょう!

 

自分の学習特性について知りたい方はこちらへ。

特性が違えば向いている勉強法も違います。

 

まとめ

 

天野貴文

回数をこなせば誰でも良い小論文の答案が書けるようになります。

何気ないコツコツが最後の勝敗を分けるモノです!